早漏防止にはパートナーの理解と協力が必須です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
早漏防止

【早漏】非難されるほどダメになる!男は女よりメンタルが弱い【防止】

一般的に男性が挿入をしてから射精するまでの時間は、5分程度が目安とされています。
しかし女性の多くはそれよりも長い挿入時間を理想としていて、ほとんどのカップルにおいて満足度が一致しないのが現実です。
早漏はもちろん単純な快感からなってしまうこともあるのですが、女性からのそうした願望がプレッシャーになってしまい、射精が早くなることもあるのです。
実際に早くなってしまったときに女性が非難をすると、プレッシャーは更に重くなります。
男性は性欲の塊というイメージを持つ女性もいるでしょう。
ところが本当は繊細で性に関するダメージを受けやすいものです。
早漏防止を行う上ではまず女性側が寛容になり、できるだけ男性に対し自信を持たせるような言葉を掛けることが大切です。

東海、関西で包茎治療は静岡中央クリニック

【早漏】体位やピストンのリズムにも注意しよう【防止】

挿入時間を長くするには体位の工夫をしてみましょう。
数ある体位の中でも、男性が最も射精しにくいとされるのが騎乗位です。
これは女性が上に跨ってするため、男性側がほとんど動かなくていいメリットがあります。
おかげで男性はプレッシャーが和らぎ射精しにくくなるのです。
またピストン運動では、一定のリズムで動くことは避けましょう。
快感が波のように押し寄せて来てしまい早く射精をしがちです。
女性も気持ちが良くなると思わず激しくしたくなるものですが、ときにゆっくり動くようにして小休止の間を作るべきです。
一見ピストン運動は、男性に任せた方が射精コントロールをしやすそうに思えます。
ですが大事なのは男性がリラックスできることなので、早漏改善の一手として女性がリードするシーンを増やすのも効果的です。

川崎でED治療は川崎中央美容外科形成外科クリニック

【早漏】早漏防止グッズを使ってみるのもアリ【防止】

お互いの努力だけでどうにもならないようなら早漏防止グッズを使っても構いません。
近年では実に沢山の種類が販売されており、サプリメントや塗り薬はその代表です。
特にサプリメントは精力剤などとは違い副作用もないので使いやすいでしょう。
塗り薬は男性器に直接塗ります。
塗ると男性器に伝わる快感が抑えられ、射精が遅くなるという作用です。
媚薬と反対の位置にあると思っておくといいでしょう。
価格も手頃なので学生でも手が出せます。
他には裏側に麻酔薬を施したコンドームもあります。
これを使うと男性器を軽く麻痺させ、過剰に感じるのを抑制できるのです。
避妊目的と一緒に使えますし、最も抵抗感なく購入できる早漏防止グッズかもしれません。
カップルで相談をして試してみましょう。

活力サプリメントの開発に携わって10年以上になる店長が、
原価コスト度外視で作り上げたサプリメント「GHプレミアム」

さらに今なら、あなたが一箱飲み終えた後でも、
「このサプリメントは飲んだが無意味だった」とご判断された場合には、
購入後40日まで、無条件に返金をお約束します。

→ 活力サプリメント「GHプレミアム」の詳細はこちらへ

【早漏】ノルアドレナリンとセロトニンのコントロール【防止】

脳内物質にも注目してみましょう。例えばノルアドレナリンは、射精の瞬間に一気に増加するものです。
逆にセロトニンは射精への我慢のために必要です。
つまり早漏を改善するには、この2つのバランスも非常に重要となります。
特筆すべきはセロトニンの方で、濃度を高めれば高めるほど射精までのコントロールが上達していきます。そこでダポキチセンという薬が最適す。
これを服用すれば脳内の興奮を抑制し、徐々に射精までの時間が長くなる期待が持てます。
クリニックに相談すれば処方してもらえますので、名前を覚えておくだけでも意味があるでしょう。
その代わり保険適用外なため、個人輸入で安く購入する手段もあります。
念のため先に診察を受けておいて、薬はその後自分で買うようにすればより安心して服用できます。

包茎手術包茎治療なら男性専門のABCクリニック。

早漏防止に関するまとめ

再三にはなりますが早漏防止にはパートナーの力が必要不可欠です。
男性が孤独に悩んでいるような状況だと、一向に改善の兆しは見えません。普段から性に関する価値観を共有し、何でも言い合える仲でいることも大切です。
男性のメンタルはちょっとしたことで崩れてしまいます。
早漏になると自信も喪失し、性行為自体の数が減るリスクまであるのです。
仮に男性側が早漏になりかけていたり実際にもうなっていたら、決して責めることはなく優しく接してあげましょう。
2人で一緒にがキーワードです。
女性側が男性に対しあまり高いハードルは設けず、楽しみながら早漏防止ができれば最善です。
それを乗り越えることができれば、更に楽しい性行為の時間が2人を待っています。

早漏防止治療のことなら

包茎治療を施すと亀頭が常に露出し、下着などにこすれて自然と鈍感になります。
早漏は、亀頭が敏感なのでどうしても早漏になってしまいます。

包茎治療は、安心と実績の
横浜で包茎治療は横浜中央クリニック

日本人男性の70%近くは、包茎(仮性・真性・カントン含)と言われており、包茎に悩まされている世の男性はとても多いのです!
当院は、全ての治療を経験豊富な院長先生自らが行いますので、患者様にもご安心いただけます。

包茎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。