そのエアコン、カビを撒き散らしていませんか

Pocket

古いエアコンは、肺炎のもと?
エアコンは室内の空気を一度機械の中に取り込み、適切な温度にしたうえで再度室内に排出します。
このとき、室内の空気に漂っているゴミやホコリを一緒に吸い込まれますが、フィルターがブロックすることにより中の機械まで影響が及ぶことは少ないです。

しかしフィルターが汚れている場合、内部の風通しが悪い状態になってしまいます。
また、冷風をすると内部に結露が発生します。
すると内部に湿度が溜まってしまい、やがてカビが発生します。

この状態でエアコンを使ってしまうと、適切な温度になった空気と共に、カビも一緒に排出されていまいます。

それを一定量以上吸い込んでしまうと、今度は熱・咳・頭痛などの症状が現れてきます。
これは体内に菌が入り込んでしまった状態であり、放っておくと慢性肺炎などにつながる恐れがあります。

簡単、エアコン掃除の裏ワザ

エアコンを掃除する際、まずコンセントを忘れずに抜きます。
そしてパネル部分を水で濡らして固く絞った雑巾などで拭いて、表面についているホコリやゴミを取り除きます。
次に前面パネルを開け、フィルターを取り外します。
フィルターの裏ワザとして、まず外側から掃除機をかけます。
乾いたホコリやゴミは、乾いているときの方がとりやすいからです。

次にフィルターの内側からシャワーをかけます。
これは水の力で外側にホコリを出すためです。

吹き出し口は指に固く絞った雑巾を指に巻き付けて拭き取ります。
汚れがひどい場合は中性洗剤を使用しますが、そのときは洗剤が残らないように再度水で拭くようにしましょう。

すべてきれいにしたら、必ずしっかりと乾燥させてから元に戻すとともに、一定時間送風をして内部も乾燥させるようにしましょう。

検証!修理と買い替え、どちらがお得?

エアコン内部は重要な機械が多くあるため、下手に触ってしまうと故障の原因となります。
そこでどうしても調子が悪くなった時は修理、もしくは買い替えを検討する必要があります。

家電の場合、メーカーによって修理するときに必要な部品の最低保有期間を定めています。

また、各メーカーによって本体や内部の部品の保証期間も定められています。
これらの保証期間は購入時に説明書に書かれていたり、販売者から聞くことができます。この期間内なら、直すことも可能です。

ただし、エアコンは年々その性能が進化し、消費電力も少なくなっています。
そのため、保証期間・部品の最低保有期間が切れている場合は買い替える方がお得です。

また、購入してから何年も経過している場合は、直した場合とどちらがお得か見比べてから検討します。

進歩する性能、最新エアコンをご紹介

エアコン掃除の裏ワザ

エアコン掃除の裏ワザ

エアコンの性能は年々進化しています。
例えば、本来冷たい空気は重いのですが、最新の機械では冷たい空気を天井に這わせることで、部屋の奥にまで冷たい空気を送り込むことが可能となっています。

また、複数のファンを利用して複雑な気流を作り出す機械もあります。
一方エアコンが自ら人や温度を認識、暑いと感じている人に向かって風を送る機能も向上しています。

例えば人の表面温度と周辺の温度を計測し、暑いと感じている人に向かって風を送るなどです。
そして機械によっては、空気清浄機の機能を兼ね備えたものや、消臭機能を備えたものもあります。

これらの機能はメーカーによって力を入れている部分が異なります。
なお、機械が新しくなると消費電力は少なくなる傾向にあります。