信頼できる探偵社を選ぶには

Pocket

誇大広告は、実績のなさの表れかも?

探偵社の選び方で惑わされないようにしたいのは、広告のキャッチコピーです。
自信があることを見せるために必ず見つけるとか成功率100%などの文言を記載しているケースがありますが、そもそも100%の成功率はまず考えられません。

何を以って成功なのかも業者と依頼者側で相違が見られるケースもあり、鵜呑みにはできない部分です。
裏を返せば、誇大広告は何も実績がないためにそうせざるを得ないという側面もあります。

確かに強気で歯切れのいい広告を見かければ、もしかして見つけてくれるのではないかと思ってくれるかもしれません。
ただ現実はそう単純なものではなく、甘い言葉にはできるだけ惑わされないようにすることが求められます。

料金への問い合わせに対する回答が明瞭であること

料金体系に関しても、びっくりするほど安い料金で依頼を引き受けるような探偵がいます。
そこには必ず裏があり、2人1組が基本の尾行を1人で行うことで安く上げているケースもあります。

これではお金だけとられて何も成果がないようなことになりかねません。
オプションをつけないと満足のいく成果が出せないケースなども見られ単純に料金だけで決めないようにするのもポイントです。
安すぎる場合もあるため、その際は電話口でなぜこのような料金なのかを質問してみることをおすすめします。
そこで明確な回答が得られなかったり、実際に訪問しないと答えてくれなかったりした場合は疑ってかかった方がよく、明快な回答かどうかを決め手にするのも大事です。

探偵業届出番号を公表している探偵社か

ホームページなどで探偵をやっていることを紹介するケースがかなり増えましたが、中には探偵業届出番号を公表していないところも存在しています。
本来、警察に届出を行い許可をもらわないと営業ができません。

その許可をもらう際に交付されるのが探偵業届出番号です。
つまりこの番号があるということは警察から許可をもらったということになります。
実際に調べてみると本当に許可が出ているのかもわかるため安心です。

ありがちなのは、警察から許可をもらっているちゃんとした探偵社であると謳いながら、実は違ったというケースです。
もちろんその番号があるからそこが優秀な探偵社ということではないものの、基本中の基本でありそれすら済ませていないところはその時点で違法です。

前もって所在地や実在するかどうかを確認しておくべき

万が一悪徳業者だった場合に事前に調査できるものは調べておいた方が得策です。
所在地に本当にその事務所があるのかを調べておかないとトラブルが発生してそこに行ってみたら何もなかったということもあります。

いわゆるペーパーカンパニー状態になっているケースもあるため、何かあった時のために自己防衛のために調べられるものは調べておくことをおすすめします。

一方で自宅の近くで探そうとするのはあまりいいことではないです。
知り合いに出入りを見られることや何かのトラブルで家の回りをうろつかれることがあるためです。
生活圏から外れたところで探し始めるのが大事であり、出入りしているところを見られない対策もこの場合には求められます。

探偵社の選び方に関するまとめ

結局、広告を鵜呑みにしないことが大事であり料金に関しても安いところを見つけたらすぐにそこに飛び込んで契約をするようなことは避けないといけません。
安いところを探すにしても複数の探偵に見積もりを出してもらって決めるのがおすすめです。

そして相談を持ちかけ、どのように接してくれるかを見ておくことが大事です。
人によっては話をそんなに聞いてくれなかったり早く契約させようとしたりします。
信頼を置くには程遠いスタンスであることは間違いありません。

親身になって話を聞いてくれるのか、会計が明瞭であるか、そして調査方法などを契約前に事細かに教えてくれて追加料金が発生しないかなどのことをクリアできるところにおまかせするのが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA