耐震工事を依頼するにあたって知っておきたいこと

Pocket

工事を考慮すべきタイミング

日本は火山も多くまたフィリピン海プレートや北米プレートなどいくつもの移動するプレートの力がせめぎあっている世界的に見ても地震の多い地域です。
そしてこの地震は科学技術が発達して現在においても正確な予想はとても困難なものです。

そのため何時どこでどの程度の規模の地震が発生するのか誰にも分からない状態です。
この何時来るかわからない地震から大切な財産や家族の安全を確保するためには早急な住宅の耐震性の調査がとても大切です。

この診断結果を見て、不安箇所が見つかった時が耐震工事をするタイミングです。
地震は時期を選びませんので、思い立ったときに行動に出ることがお勧めです。
まずは、住宅の耐震調査を実施してくれる工事会社に相談することです。

選べる形態や種類は

耐震性の向上法方にはいくつかのパターンがあります。
地盤の調査から住宅の壁や柱など築年数や住宅の構造や種類によって様々なタイプがあります。
住宅の構造的に弱いといわれているものが在来工法で建築された軸受け工法です。
柱をメインにして支える法方でねじれなどの力に対し不安があります。

その他にも住宅を壁で支えるツーバイフォーなどは比較的強度がありますが長年の経年劣化などもありますので場合によっては補強も必要な場合があります。
様々な住宅のケースに応じて耐震工事にはいろいろなパターンが選べます。

もちろん予算によっても工事は変わってきます。
基本的に見た目の外観を美しく仕上げるものほど高額になりがちな傾向があります。

工事にかかる費用

耐震性の工事は何度も行うものではありませんので工事にはしっかりとして目的と求める性能を予め決めておくことが重要です。
そのため、見積もりは各社しっかり取り内容を比較することが重要です。

各社を比較し値段の違いだけでなく工法に差があるようでしたら納得のいく説明を求めましょう。
費用の相場もありますが簡単に値段を変えてくる業者は慎重に対応しましょう。
見積もりを見て他社の値段より高いことから、簡単に合わせますというような業者はしっかりとその理由を確認することが大事です。

値段だけあわせられても工事の内容の質を落とされたのでは本末転倒になってしまいます。
多額の費用の発生する工事ですので遠慮せずになるべく多くの業者を回ることが重要です。

依頼・決断するときの注意点

業者を選ぶときのポイントはいくつかあります。
一つはしっかりとして知識と実績のあることです。
カンや経験も重要ではありますがこれはあくまでも現場の作業員レベルの話です。

設計や施工法方においてはやはり科学的なデータや検証法方でポイントとなるデータを示してくれるところがおすすめです。
何故この工事が必要なのか、この材用が適切なのかなどを科学的な根拠を示せる業者が安心できます。
経験や実績ばかりのところには注意が必要です。

その他としてはやはりアフターサービスがしっかり指定ことが重要です。
定期的なメンテナンスや保障期間や法方などしっかりしていると不測の事態には安心できます。
また、お金の支払い方法などを提案してくれると助かります。

耐震工事を依頼するまとめ

耐震工事を依頼

耐震工事を依頼

住宅の耐震性の確保は安心安全に生活していく上でとても重要なことです。

だからと言って、耐震工事を進めていく上で普段の生活が不自由になっては困ってしまいます。

ドアや壁を補強す要るためにいくつかの柱を増やしたり大きな構造体を新たに設置したりしては生活における動線が遮断ます。
また窓の機能の低下などにより風通しが悪くなったりでは良い工事とはいえません。
そのためにはバランスが重要です。
耐震工事をするなら思い切ったリフォームを検討するのも良い法方です。
リフォームによって普段の生活の質を落とさずに、災害時の安心も手に入れることも出来ます。
耐震性の向上だけでなくリフォームも手がけている業者にいろいろと相談してみるもの良い選択です。