Category Archives: サービス紹介

包茎手術するとペニスが大きくなる?!

包茎手術するとペニスが大きくなる?!

日本人成人男性の7割弱が仮性包茎であり、ペニスの亀頭部分に皮をかぶって湿っていることから細菌等が繁殖しやすく女性からしたら性行為をする際にキレイにしておいてという思いがあるでしょう。
「男性の悩みの解決」には
・包茎手術
・早漏改善治療など
・亀頭増大
・陰茎増大
・治療に伴う費用、治療方法を丁寧にご説明
・治療内容・費用ともに、患者様にご納得いただいた上での施術
こんな時には、包茎手術包茎治療なら男性専門のABCクリニック。

また、皮がむけない真性包茎などは衛生面の問題だけでなく射精などの機能の観点からも包茎への対処が必要となるでしょう。
Continue reading →

包茎だと罹る可能性がある病気

包茎だと罹る可能性がある病気

包茎とは、ペニスの先の亀頭の部分の全部または一部が皮に覆われている状態をいいます。

包茎にも種類があり、日本人男性の6割から7割程度が該当すると言われている仮性包茎が一番メジャーな包茎といわれています。

仮性の定義について世間では亀頭の一部に皮が被っているのか全部を覆っているのかによって区別されるという認識がされていることが多いですが、正確には手で皮をむいてみて簡単にむける場合が仮性に該当するということでかぶり具合は関係ないとされています。

さらに、通常時勃起時とも皮をむけない真性包茎やがんばればむくことが可能だけども痛みが伴うカントン包茎など様々な種類があります。
Continue reading →

太陽のエネルギーが太陽光発電

太陽光は地球とお財布を救う?

そもそも太陽光発電って、どういう仕組みなの?
太陽光発電は、屋根や平地など光があたる場所に機械を設置して、太陽光を電池にし、電力を得るものです。
太陽電池は電池と名前がついていますが、電力を蓄える装置なのではなく、太陽の光を直接電力に変える発電機の役割を果たしているのです。

太陽から地上に降りそそぐ光のエネルギーが太陽電池であるソーラーパネルに当たると光起電力効果とか光電効果と呼ばれる現象が起こります。
光が照射されることで太陽電池を構成している半導体の電子が動き、電力を作り出す、それが仕組みです。
Continue reading →

炭酸泉の効果

温泉が育毛に良いって本当?炭酸泉の効果に迫る

育毛に効果があるとされる炭酸泉とは
温泉大国日本では数多くの温泉地において、多彩な成分が溶け込んだ温泉を楽しむことの出来る環境が整っています。
代表的な泉質のひとつが炭酸泉、炭酸を大量に含む温泉であり、大分県長湯温泉などが有名です。

このように自然の状態で炭酸が溶け込んでいる温泉を天然炭酸泉と言います。
これに対して人工的に炭酸を添加したものを人工炭酸泉と呼び、特殊な技術を活用して作り出されています。
Continue reading →

耐震工事を依頼

耐震工事を依頼するにあたって知っておきたいこと

工事を考慮すべきタイミング
日本は火山も多くまたフィリピン海プレートや北米プレートなどいくつもの移動するプレートの力がせめぎあっている世界的に見ても地震の多い地域です。
そしてこの地震は科学技術が発達して現在においても正確な予想はとても困難なものです。

そのため何時どこでどの程度の規模の地震が発生するのか誰にも分からない状態です。
この何時来るかわからない地震から大切な財産や家族の安全を確保するためには早急な住宅の耐震性の調査がとても大切です。

Continue reading →

資産活用をお考えの方

初めての資産活用をお考えの方、失敗しない最適な方法を教えます

インターネットで資産活用について検索してみると、様々な資産活用成功例がヒットすることでしょう。
それらは確かに自分の資産活用にとって参考になることでしょうが、決して鵜呑みになどはしてはいけません。
特に初めて資産活用に取り組む初心者ほど、他人の成功例を過大評価してしまう傾向がありますので要注意です。

初心者は金融初めてのようなものですので、他人の金融投資方法は参考程度にしましょう。
決して安易に真似をしてはいけません。
Continue reading →

探偵社の選び方

信頼できる探偵社を選ぶには

誇大広告は、実績のなさの表れかも?

探偵社の選び方で惑わされないようにしたいのは、広告のキャッチコピーです。
自信があることを見せるために必ず見つけるとか成功率100%などの文言を記載しているケースがありますが、そもそも100%の成功率はまず考えられません。

何を以って成功なのかも業者と依頼者側で相違が見られるケースもあり、鵜呑みにはできない部分です。
裏を返せば、誇大広告は何も実績がないためにそうせざるを得ないという側面もあります。
Continue reading →